七五三のお祝い金の相場は?のしの書き方と贈り物の選び方

今回は七五三のお祝いの品を贈る際に
出てくる疑問や不安を、解消するために
リサーチしてみました

<目次>
1.お祝い金の相場
2.お祝いを贈る時期は?  
3.祝儀袋 のし表書き  
4.贈答品の選び方  —2ページ目—
5.一味違うお祝いの仕方

スポンサードリンク

お祝い金の相場

shichigo3_kane1七五三のお祝いの大体の相場ですが

祖父母の場合・・・1万円~2万円
親しい親戚の場合・・・5千円~1万円
隣人・知人・友人・・・3千円~5千円

を目安にされるといいでしょう。

現金の代わりにギフト券を包む人もいるようです。

七五三は内々の祝い事ですので金額的にはそんなに高額ではない贈り物が多く、
お金を包むことも他の行事に比べて少なくても問題ないでしょう。

お祝いを贈る時期は?

通常であれば

11/1 ~ 11/15 

の期間が望ましいでしょう。

晴れ着や付属品など当日身に付けるものを
贈り物として贈る場合は、10月半ば過ぎに

届くように、贈り物によっては上記の期間より
早めに贈る準備をしておきましょう。

祝儀袋 のし表書き

shichigo3_kane2■のし
・水引きは紅白の蝶結び用いる

■表書き
「祝七五三」、「御祝」・・・どの年齢のお祝いにも書ける表書き
「賀御髪置」・・・3歳の男の子、女の子に贈るとき
「賀御袴着」・・・5歳の男の子に贈るとき
「賀御帯解」・・・7歳の女の子に贈るとき

贈答品の選び方とひと味違ったお祝いの仕方を次のページでご紹介

PAGE 1 PAGE 2

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>