天神祭奉納花火2016の日程。場所と時間は?穴場でおすすめなのは?

h-tenjinsai1

出典:www.tenjinsan.com/tjm.html

歴史の授業はお好きでしたでしょうか? 年表を見てもなかなかピンとは来ないもの。夏休みの宿題シーズンになりますが、歴史を肌で感じることが出来る花火があります。

1000年以上続く天神祭奉納花火のフィナーレを飾る「天神奉納花火」は天神様のお出ましを祝って打ち上げられるものです。学生時代に受験などでお世話になった方も多いのでは?

こちらの天神様は日本三大祭のひとつに数えられていて、特に有名です。今年は受験と言う方も、来年のサクラサクを、お出ましになった天神様に祈願して、空に花開く花火で息抜きはいかがでしょう?府内ランキング2位、130万人程度の人出があります。

 ⇒天神祭花火はホテル&レストランから!おすすめはどこ?

<目次>
1. 天神祭奉納花火の見どころ
2.2016年の日程・時間(基本情報)
3.天神祭奉納花火の場所所とアクセス方法
4.人気の定番スポット
5.定番スポットと最寄り駅周辺マップ    —2ページ目—
6.天神奉納花火の穴場スポットは?

スポンサードリンク

天神祭奉納花火の見どころ

造幣局側の川崎公園と、桜之宮公園グランドが打ち上げ位置で、最大号数は2.5玉です。天神祭奉納花火の一環として行われる奉納花火です。大阪のビル街を背景に、古式の装束に身を包んだ人々が乗る「船渡御」船のかがり火と花火が、暮れなずむ頃から川面に照り映えます。1000年の昔がそこだけよみがえった様な、幻想的で美しい風景は一見の価値があります。

船は100隻ほどが出て、花火は約4000から5000発が打ちあがります。オリジナル要素が多い花火です。ここでしか見られない「飛梅」と言う花火は、梅の鉢の形をした天神様ゆかりのものです。「文字仕掛け花火」と言う協賛企業のロゴなどが花火となるユニークなものもあります「金鳥蚊取り線香」の有名なCMの花火はこれです。「連発スターマイン」などもあります。

個人で花火を上げることが出来る珍しい花火でもあります。1発5000円の協賛で大阪天満宮境内に名前が挙げられ、記念品として花火玉のレプリカをいただけます。事前に、大阪天満宮社務所に問合せが必要です。

2016年の日程・時間(基本情報)

【開催日】7月25日(月)※天神祭7月23日(土)~7月25日(月)
【時間】19時30分~20時50分 ※フィナーレ20時30分~
【会場】桜ノ宮公園~川崎公園~大川一帯
【屋台】大阪天満宮、天神橋筋商店街、桜ノ宮公園中央広場、大川沿岸など約1000店
【問合せ先】大阪天満宮 (06-6353-0025)
【HP】www.tenjinsan.com

花火以外のおすすめイベント

天神祭の以外にも神事として期間中様々な催しが行われますが、その中でもおすすめのイベントをご紹介します。

◇ギャルみこし 7月23日(木)

正式名称「天神祭女性御神輿」ですが、有名になるに連れ
「ギャルみこし」と呼ばれるようになりました。
毎年選りすぐりの100人以上の女性が、ねじり鉢巻&ハッピ姿で
200キロもの神輿を担ぎ元気いっぱいの掛け声と共に
天神橋筋商店街をねり歩きます。

◇船渡御 7月25日(土)

奉納花火と同日に行われる船渡御。
日が暮れるころ、祭りばやしが響き渡る中
菅原道真のご神霊を乗せた御鳳輦船とそれに続く
100隻もの船団が大川で水上パレードを行ないます。

人気の定番スポット

◎桜之宮公園内中央


打ち上げ場所の南側にある広場。高層ビルが立ち並ぶ
大阪の中でも障害物がなく、間近で花火を楽しむことが出来る
絶景ポイント。屋台も多いので賑やか。

最寄り駅:桜ノ宮駅

◎桜之宮公園川沿い


大川東側の川沿いは広範囲に渡る鑑賞エリアだが
特に打ち上げ場所が近く、花火の鑑賞スポットとして人気の
桜宮公園は早い時間から場所取りが始まる。

最寄り駅:桜ノ宮駅

◎OAPプラザ付近


打ち上げ場所正面の絶景ポイント。
大迫力の花火が真正面で見られうこともあり
早い人では、朝から場所取りに来る人もいる
人気中の人気スポット

最寄り駅:南森駅

◎OAPレジデンスタワー東側の前円形広場


円形状に囲まれた広場で、まわりに段差があり、
階段状の様になっているので腰をかけて座るのにちょうどよく、
対岸から打ち上げられる花火を至近距離から楽しむことが出来る場所。

最寄り駅:南森町駅

定番スポットの最寄駅と穴場情報についてはこちら

PAGE 1 PAGE 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加