平安神宮の桜2015の見頃はいつ?ライトアップ&ランチ情報をご紹介!

今年のお花見は、朱色の大極殿と桜の華やかな共演を楽しみませんか?

平安神宮の桜も京都のお花見スポットとして指折りの名所です。

今回はそんな平安神宮の桜の見所やおすすめの周辺スポットについてまとめてみました。

<目次>
1.平安神宮の桜の開花時期と見頃はいつ?
2. 平安神宮のおすすめ桜スポット
3.平安神宮のライトアップと関連イベント  —2ページ目—
4.平安神宮のおすすめ周辺スポットとイベント
5.平安神宮周辺のおすすめグルメスポット  —3ページ目—
6.平安神宮周辺のおすすめの宿・ホテル

スポンサードリンク

平安神宮の桜の開花時期と見頃はいつ?

平安遷都1100年を記念して、明治時代に創建された壮麗な朱塗りの社殿。
ソメイヨシノや山桜など約20種、300本もの桜が神苑周辺を華やかに彩ります。

平安神宮の今年の開花時期は4月4日、
見頃時期は4月8日以降で、4月11日頃満開を迎え
散り始める4月15日あたりまで桜を楽しむことが出来るでしょう。
※天候や気温によって時期がずれることがあります。

平安神宮内でも場所によって、3月末から咲き始める早咲きの山桜、
4月に入ってから花を付けるしだれ桜などがあります。

満開時期になるとライトアップやコンサートが開催されます。

平安神宮のおすすめ桜スポット

✿神楽殿前

応天門に入って東側の神楽殿前の冊に囲まれたソメイヨシノ。
大きく枝を広げ、まるでしだれ桜のように間近で鑑賞できます。

✿東神苑

hh1-1東神苑にある池(栖鳳池)周辺を囲むように咲き乱れる
紅しだれ桜が見られます。
泰平閣や尚美館など風雅な建物との共演は風情があります。

✿大極殿前の左近の桜

3月末から4月上旬にかけて咲く、平安神宮内では
早咲きのアカメヤマザクラで、樹齢100年を超える銘木で
「左近の桜」と呼ばれ親しまれています。

この名の由来は、平安時代儀に式が執り行われる際、
紫宸殿前の東側にあった桜のそばに、左近衛府の官人が並んだとされ
「左近の桜」と呼ばれるようになったそうです。

✿南神苑

hh1-4人気の花見スポットのため、シーズン中はどうしても混雑しますが
南神苑は、通路が入り組み他と比べ、空いてる場所が探しやすいです。

4つの神苑の中で最も桜が密集していて、まるで藤のように
頭上いっぱいに咲きほこる桜を楽しめます。

平安神宮へのアクセス方法!駐車場や拝観料は?(平安神宮の基本情報)

【住所】東京都左京区岡崎西天王町

【電話】075761021214

【時間】6時から18時、深淵8時半から17時30分

【休み】なし

【料金】境内参拝無料、神苑:600円

【アクセス】〈電車〉地下鉄 東山駅より徒歩10分
〈バス〉市バス 岡崎公園美術館・平安神宮前停留所より徒歩約5分
〈車〉 名神高速京都東ICより約7km

【駐車場】市営岡崎公園地下駐車場(500台)普通車1H:500円

【HP】www.heianjingu.or.jp

ライトアップ情報&平安神宮周辺のお立ち寄りスポットはこちら

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加