ホワイトデーに妻へのお返しは何がいい?相場やおすすめの渡し方は?

wdt1-3世の中の旦那様方、バレンタインのプレゼントは貰ったのに、
お返しは何も考えていない、ということはありませんか?

結婚前まではマメに贈り物をしていたのに、結婚してからは何もなし・・・
そんなことでは、いつか奥様に愛想をつかされてしまいますよ!

お小遣いが少ないと嘆かれる旦那様もおられることでしょうが、
その中でやりくりして選んでくれたプレゼントに妻は感激するものです。

ここでは、巷の奥様方が旦那様にプレゼントされると嬉しい商品、
また、相場をまとめてみました。

<目次>
1.ホワイトデー妻へのお返しの相場は?
2.妻へお返しの選び方のポイント     
3.ホワイトデー 妻へのお返しにおすすめなものは?  —2ページ目—
4.おすすめの渡し方は?      —3ページ目—
5.カードの例文

スポンサードリンク

ホワイトデーの妻へのお返しの相場は?

旦那様がお小遣い制とはいえ、結婚して同一家計なら
なおさら高額なプレゼントは避けたほうがいいでしょう。

夫婦間での高額商品のやりとりは、金銭感覚の違いで
却ってトラブルのもとになります。

かといって安すぎるものは、奥様が、自分の価値って・・・と、
嘆く一因にもなるので気をつけましょう。

いくら実用的でも低額商品はあまり喜ばれるものではありません。
日頃の感謝の気持も込めて、相場は5000円~10000円前後
無難なところでしょう。

家計に響かない程度で、なおかつあなたから奥様へお礼を感謝するのに
ちょうどいい金額設定だと思われます。

妻へお返しの選び方のポイント

wd1-3まず、第一にお子様がいる旦那様(パパさん)ですが、
ホワイトデーのお返しに子供用品を選択するのはやめましょう。

子供が欲しがっていたから、子供が喜べば妻も自分も嬉しい・・・
一理ありますが、それは子供へのプレゼントであって、
奥様へのホワイトデーの贈り物にはなりません。

奥様も、ママであっても一人の女性であることを理解すべきです。

お子様がいるいないにかかわらず、ホワイトデーの贈り物は

お互い付き合っていた頃、または新婚の時のような
新鮮な気持ちで商品を選ぶようにしましょう。

ともすれば、奥様方が普段自分ではなかなか買わない、体験できない、
そんな【プチ贅沢】なプレゼントなどが喜ばれます。

お返しにおすすめなものはこちら

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加