七五三のお参りの仕方と神社の選び方お寺や教会は?

七五三のお参りの仕方と神社の選び方 お寺や教会は?

最近では、七五三の写真撮影に力をいれ
神社にはお参りしないという家族も増えていますが

もともと七五三は、無事成長した事を神様に感謝する儀式です。
出来れば神社にお参りしておきたいものですね。

ここでは七五三の神社でのお参りの仕方や
参拝する神社の選び方などについてご紹介します。

<目次>
1.七五三のお参り方法と神社の選び方
2.お参りする際の注意点    —2ページ目—
3.寺や教会でも

スポンサードリンク

 七五三のお参り方法と神社の選び方

七五三のお参りの仕方と神社の選び方 お寺や教会は?

◇お参りの仕方

1.鳥居をくぐる手前で軽くお辞儀をする。
本殿に向かう際の参道は、神様が通る道とされていますので

2.手水舎で手と口を清める。
まず、柄杓で左手を洗う→右手を洗う
→柄杓を右手に持ち替えて口をすすぐ。(柄杓は口につけず左手を使う)
→使った左手を洗う。→柄杓の持ち手を洗い、元の場所に伏せて戻す。

3.神前に進みお賽銭を投げ、両手で鈴をならし
2礼2拍手1礼(2回礼、2回柏手をうち、1回礼)をし
子供の成長を感謝し、祈願します。

◇ご祈祷してもらう場合

まず、ご祈祷してもらう場合は、
神社に前もって予約の申し込みをしておきます。

有名な神社になると予約も殺到します。
だいたい9月10月頃には予約受付が開始されると思いますので
余裕を持って申し込んでおきましょう。

 ■神社の選び方

お参りする神社は基本的に、近くの神社や
または子どもの生まれた土地の神社でいいでしょう。

親心か、有名な神社、由緒あるところにしたい
と思われると思いますが、やはりそういった神社には
人が集まります。

七五三は1日がかりの行事になりますので
人の混雑した場所に、慣れない着物や草履をはいて
1日過ごすのはかなりの負担になるでしょう。

地元で余裕のある神社なら、その分しっかりと時間を
かけて祈祷してもらえるでしょうし、
家族でゆっくり過ごせて、とても満たされた気持ちに
なれていいかもしれません。

まずは、我が子の健やかな成長に感謝し
祈祷することを優先に考えたいものです。

お参りする時の注意点や神社以外のお祝いについて

PAGE 1 PAGE 2

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加