七五三の初穂料の相場は?のしの書き方と選び方も紹介

七五三に神社で祝詞を上げてご祈祷してもらったお礼に収める初穂料。

そもそも、「初穂料」という言葉を初めて耳にする人も少なくないかもしれませんね。そんな初穂料の相場はいったいどのくらいなのか、初穂料を入れる「のし」の書き方などを一緒に紹介しています。是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

七五三の初穂料って? 玉串料との違いは?

初穂料、読み方は はつほりょう です。初穂とはその年に初めて収穫された「稲穂」のことで、昔はそれを神社に奉納するという風習があり、そこからこの名がついたようです。

その豊作のお礼のお供え物が時代とともに、稲穂からお金に変わったものです。

玉串料(たまぐしりょう)との違い

初穂は稲穂、玉串は玉串(榊に紙垂をつけたもの)を共に神前にお供えする物でしたので初穂料と同様、玉串料と呼ばれます。

神社によっては「初穂料」と呼ぶところもあれば「玉串料」と呼ばれるところもあります。

初穂料も玉串料もほぼ同様な場面で使えますが、初穂料は 交通安全祈願、厄除祈願、安産祈願、初宮詣、七五三詣など神社で執り行うすべての祭事で使用できます。ただし、「神葬祭(神道式のお葬式)では使用を控えましょう。

玉串料の場合は、神社で執り行うご祈祷や結婚式さらには神葬祭(神道式のお葬式)でも使えます。ただし、御守・御礼などを受ける際には玉串料ではなく初穂料とされたほうがいいでしょう。

七五三の初穂料(玉串料)の相場は?

初穂料(ご祈祷料)の相場は神社にもよりますが、だいたい3000円~10000円いくら包むかは納める側のお礼の気持ちによるところです。

しかし、最近では一人あたりの初穂料(ご祈祷料)の金額が決まっている神社もあり、大体の相場が5000円のところが多いですが予約をする際に前もって聞いておくとよいでしょう。

また、七五三パック(写真撮影、お参り、お食事がセットになっているサービス)などを利用した場合は、その中に初穂料も含まれている場合がありますので、ちゃんとチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

いつ渡せばいい?

渡すタイミングについては神社により違いますが、基本は祈祷をしてもらった後にそのお礼として渡すことが一般的です。

小さな神社など、直接神主さんに渡す場合は儀式が終わってから、きちんとのし袋に入れた上でお礼という扱いで渡すようにすればいいでしょう。

他には、受付で初穂料を受ける前に受け取る神社などもあり、事務的に作業を勧めているような場合にはその窓口で渡せばいいですし、渡す際に、のしを必要としないところもありますので神社に前もって電話で聞いておきましょう。

のしの表書きの書き方は? 選び方は?

まず、七五三の祈祷料への謝礼は紅白蝶結びのご祝儀袋に包みましょう。

注意したいのが、紅白の結び切りののし袋と間違えてしまう場合です。

あれは婚礼の際の謝礼などに使うものですので間違えないよう気をつけましょう。

のしの書き方

表書き(のしの上段中央)は「御初穂料」または「御玉串料」と書き、水引きの下に
七五三を迎えた子どもの名前(フルネーム)と年齢を書き添えましょう。

名前や年齢は表書きより少し小さく書き、できれば毛筆や、筆ペンで書くようにしましょう。
(当たり前ですが、ボールペンはNG)また、自己流の崩した字ではなく、できるだけ丁寧に楷書で書くようにしましょう。

終わりに

簡単にまとめると、

相場は3000~5000円。最近の傾向は5000円くらい。※七五三パックなどのサービスが受けられる場所では、初穂料込の場合もあるので事前に確認しておくと安心でしょう。

渡すタイミングは、ご祈祷が終わったあと。しかし、サービスや場所によっては事前に渡すこともあるようなので、こちらも前もってご相談されておくとスムーズかと思います。

初穂料ののしは、「紅白の蝶結び」を。

のしの表書き

上段に「御初穂料」か「御玉串料」。どちらでもOK。

下段は子供の名前(フルネーム)と年齢を。(上段の字より少し小さく)

筆や筆ペンを使うこと。ボールペンはNG。読みやすいように楷書で書きましょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加