七五三にお参りするのは数え年?満年齢?

shichigo3_6いざ七五三のお祝いすることになって
悩むの「お参りする年齢」です。

通常は

3歳 男の子女の子

5歳 男の子

7歳 女の子

となっていますが

その年令を数え年なのか満年齢なのか
頭を悩ませる人が多いみたいですね。

まず、ここで数え年と満年齢のおさらいをしておきますね。

数え年と満年齢の違いと数え方

数え年:生まれた年を1歳とし(0歳を数えない)
そこから1歳ずつ足していく。

生まれた年 1歳
翌年    2歳
翌々年   3歳

満年齢:生まれた年を0歳から数え
そこから1歳ずつ足していく。

生まれた年 0歳
翌年    1歳
翌々年   2歳

となります。

七五三でお参りするのはどっちが正しいの?

shichigo3_4

七五三ではどっちなの?ということですが
どちらでも問題ありません。

昔は数え年でのお祝いやお参りをしていたみたいですが
今は満年齢で七五三をするという家族も増えてきています。

最近では、満年齢でお祝いすると
子どもの落ち着きが出てきて、背丈も伸びてるので

写真撮影をスムーズに行え、成長した分衣装も映え
選ぶ幅が広がるでしょう。

好き嫌いもはっきりしてくると思いますので
一緒に衣装を選ぶ楽しさも味わえていいかもしれません。

近年こうした理由から満年齢で七五三のお祝いをすることが
ポピュラーになってきています。

数え年で七五三をし、お子さんのあどけなさを
記念に残すというのもいい思い出になって
いいかもしれませんね。

年の近いお子さんがいる場合、上の子(満年齢)と下の子(数え年)で
一緒にまとめて祝うというケースもあるくらいなので

お住まいの地域でとくに定められていない場合は
堅苦しく考えず、家族や親戚の都合の良い年でいいでしょう。

なかなか決められない!とお悩みなら
お参りする神社の方や近くの写真館に
地元の傾向を聞いて決めるのも1つ手です。

2014年の七五三対象になる生まれ年は?

shichigo3_5それでは今年の七五三に当たる生まれ年を
男の子/女の子、数え年/満年齢
に分けて表示しましたので参考にしてみてください。

◇男の子◇

年齢 数え年 満年齢
三歳  平成24年(2012年)生まれ  平成23年(2011年)生まれ
五歳  平成22年(2010年)生まれ  平成21年(2009年)生まれ

◇女の子◇

年齢 数え年 満年齢
三歳  平成24年(2012年)生まれ  平成23年(2011年)生まれ
七歳  平成20年(2008年)生まれ  平成19年(2007年)生まれ

いずれにせよ、子どもの成長を願い
より良い思い出にすることが出来れば
いいということですね^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加