クリスマスに見る映画でおすすめの洋画やアニメは?邦画は?

girlfriendsクリスマスは街もキラキラして子供の頃から
変わらずワクワクしてきますよね。

大きなツリーやイルミネーションを見にいっても、
少し高級なレストランで食事する人もいるでしょうが、

今年は平日なこともあって少し慌ただしくなるかもしれないというあなた。
そんな時は家でパーティをした後、ゆっくり映画鑑賞はいかがでしょうか。

今回はクリスマスにぜひ見てほしい映画をご紹介。
家族、恋人、友人、一人きりでゆっくりと、
どんなシチュエーションでも楽しめる映画ですので、
参考にしてみてください。

スポンサードリンク

ホームアローン

家族 ★★★★★
恋人 ★★
友達 ★★

■あらすじ

主人公のケビンはクリスマス前日に家族と喧嘩をしてしまい、
「みんな消えてしまえばいい」と願ったところ、

旅行に置いていかれるという形で自分だけ家に残ることになってしまう。
一人きりを満喫するケビンは大ハシャギ。

しかし、ひょんなことから泥棒2人組が自分の家をターゲットにしていることが判明。
少年は一人で泥棒を捕まえると作戦を練るのだが…。

シリーズも数作発表されているコメディの名作です。

クリスマスシーズンの綺麗なラストシーンはもちろんのことですが、
家族愛のつまった映画なので小さなお子様がいらっしゃる家庭にぜひ見ていただきたい一作。

 オーロラの彼方へ

家族 ★★★
恋人 ★
友達 ★

■あらすじ

オーラロが偶然に見えた日、警察官の主人公は、昔使っていた無線機をふとしたきっかけで
使うと数十年前に事故で亡くなった主人公の父親だと名乗る人につながる。
過去につながる無線機をつかって、父親と連続殺人犯を追い詰めようとするのだが…。

未来の主人公と過去の父親が無線でつながるというありがちなストーリーですが
最後はハラハラドキドキするミステリー要素もあり。

父親と主人公は、お互いにお互いを信用しないのですが、
主人公が現在の出来事を過去の父親に話し、自分が息子だと証明しようとするシーンは
個人的にオススメ。

ラブアクチュアリー

家族 ★★
恋人 ★★★★★
友達 ★★★

■あらすじ

19人の登場人物が織りなす恋愛模様を描いたイギリスのラブストーリー。
オムニバス形式のような形で始まり、最後はひとつにまとまる偶像劇には
誰かを思うことの大切さを教えてくれる心温まる作品。

これだけ登場人物がいて、飽きがないし、どのカップルに共感するかは人それぞれ。
イギリス映画なのにも関わらず、どこかアメリカンジョークのような軽快で返しの
会話のラリーには感心します。

多くの登場人物がおり、各々恋の形が存在し、彼らが小さな奇跡を
起こしながら、最後に綺麗にまとめてあるところは見ていて幸せな気分になります。

恋人と見た後に、恋愛感を語ったり、どのカップルに共感できたかが
話すと盛り上がっていいかもしれませんね。

クリスマスにおすすめの映画続きはこちら

PAGE 1 PAGE 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>