ハロウィンのかぼちゃの由来とは?ジャック・オー・ランタンの作り方

 ハロウィンかぼちゃ(ジャック・オー・ランタン)の由来は何?

ハロウィンのシンボル、 かぼちゃジャック・オー・ランタン
の由来とは何なのでしょうか?

ここで1つお話を紹介します。

昔、アイルランドに嘘つきで人を騙してばかりの
ジャックという男がいました。

あるハロウィンの夜、お酒を飲みすぎて酔っ払っていたところに
地獄から来た悪魔と出会います。

スポンサードリンク

ハロウィンは年に一度、死者や魔物が人間達の元へやってくる日です。

お酒を飲みすぎてお金が足りなくなったジャックは、
自分のもとにやってきた悪魔に対して、

「自分の魂をあげるから最後にお酒を一杯飲ませてくれ」と頼みます。

悪魔はそれを了承し、酒代を払うためのコインに姿を変えました。
ジャックはそのコインで酒代を払うふりをし、悪魔が油断したすきに、
慌てて財布に閉じ込めてしまいます。

そしてジャックは、あと10年間は魂を取りに来ない という
取引を持ちかけ、悪魔を解放します。

それから10年後、ジャックは再び悪魔に出会いました。
約束の期限が来たので、悪魔は再びジャックの元へ魂を奪いにきたのです。

ジャックは魂をあげるふりをして

「最後のお願いだから、木の上のリンゴを取ってきてくれ」

とジャックにお願いをしました。

悪魔が木の上にのぼった隙に、ジャックは木の幹に十字架を刻み、
悪魔が木から降られないようにしてしまいました。

ほとほと困った悪魔は、二度と彼の魂をとらないと約束しました。
そして同時に、決して自分が地獄に堕ちないようにしろ と約束させます。

やがて年をとって死んでしまうジャックですが、
ケチで乱暴者なジャックはもちろん天国には行けず、

地獄に行こうにも約束してしまったために地獄にも行けません。
そうして、ジャックは天国も地獄もいけず
この世とあの世の境目に取り残されてしまいました。

ジャックは、その間の暗い道を照らすため悪魔にお願いして
僅かな火種分けてもらいました。

彼はその火が消えない様にくりぬいたカブの中に入れ
今も闇の中をさまよい続けているのです・・・

halloween2

彼の持っているカブが、ハロウィンのかぼちゃの提灯。
それがジャック・オー・ランタンだということです。

元々はカブでしたが、アメリカに伝わり加工しやすい
かぼちゃに取って代わり定着していったそうです。

halloween7

引用:http://ja.wikipedia.org/

・・・なんだか、かぼちゃのほうが愛着がわきますね。

もしカブだったら、ここまでポピュラーな行事に
ならなかったかもしれませんね ^^;

PAGE 1 PAGE 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加